Guest Room


2009年07月

Guest Room

「椅子の張り替え」

を致しました。皆さまお気付きでしたでしょうか。
全部で24脚。
オープンより7年半が過ぎ、当初のピカピカのツルツルだった黒い椅子の座の部分に綻びが。
横の額のところにステッチが入っている、少々変わったデザインの椅子で、気に入っていたのですが仕方ありません。新しく張り替えた椅子はヘリなしに。どうでしょう。


この地球という惑星では、日が昇って一日が始まり、日が沈むと夜が訪れます。夜の帳につつまれ、中洲にネオンの明かりが灯る頃、その奥ではBarの扉がそっと開きます。

様々な方々が、それぞれの思いを胸にグラスを傾けるBarの止まり木にて。
アートベッグが大好きなお二人。 当店では若いお客さま塩田竜大氏と古賀千寛氏。 髭達磨の大将ご家族プラスお客さま。 27歳の甲斐氏(左から2番目)。

「山笠グッズ2009」


毎年7月1日~15日は博多祇園山笠。
写真は今年の中洲流れの扇子と手拭い(博多では"てのごい"と発音)です。
6月に入ると届くこの山笠グッズ、ご常連のお客さま方にお渡しするとみなさん決まってこう仰います。
「え、もうそんな季節!?」
まさしく季節の風物詩ですね。

「トリマルキオン Vol.17」


バーヒグチのお客さまで構成される食事会"トリマルキオン"の17回目は中洲にある吉塚うなぎ屋にて。こちらは新装されたばかりで、その設計に携われた吉原氏を筆頭に15名の方々と共にうなぎのフルコース。
うなぎ屋さんでは珍しい会席(15品)で、お酒を持ち込みさせていただいての楽しい食事会となりました。
ちなみに写真はありませんが2次会は同じく中洲のCAVALLINO、3次会は西中洲のネッスンドルマでございました。

「Seminar」


去る5月27日(水)のこと、当店にてアードベッグ&グレンモーレンジのセミナーが開催されました。
私のアードベッグ好きをもって、Bar Higuchiでは40種ほどのアードベッグが揃っているのですが、以前より取り扱いのヴーヴ・クリコ・ジャパン(株)さまと「何かアードベッグのイベントを!」との思いが結実した形となりました。
一人につき8種のテイスティングが実施されたため、30名×8グラスで240個のグラス(しかも全て蓋付き!)を2回洗浄&拭き上げ。
貴重な体験でございました。

「博多座開場10周年記念」


六月博多座歌舞伎の夜の部に行って参りました。
印象に残ったことが3つ。
一つは、堰が前から7番目の花道の真横で、役者さんが必ず立ち止まり観客の中で最も近い位置で顔を見れたこと。気のせいではなく、かなり目があっちゃいました。
二つ目は中村歌女之丞(かめのじょう)さん演ずる「仲居おふさ」。すんばらしい脇役を観れて感動。
三つ目、この日の演目は通し狂言「木下蔭真砂白浪(このしたかげまさごのしらなみ)」と「藤娘」であったのですが、休憩がなんと4回!初めての4回休憩…。

「毛皮のマリー」


以前から一度は観てみたかった「毛皮のマリー」〈作:寺山修二、演出.美術:美輪明宏〉。
チケットの発売を見逃してしまい、良い席ではなかったのですが大変愉しめました。
公演後に麿赤兒(まろあかじ)さん、吉村卓也さん、マメ山田さんがご来店下さり、パンフレットにサインをしてもらうというミーハーぶりを発揮。

何度でも繰り返し観たくなる舞台ですが、故寺山氏も美輪明宏氏も共に昭和10年(1935年)生まれ。今は2009年。
美輪さんって本当に・・・・。

http://www.gyokusendo.com


究極のモスコカップを作るべく試作を重ねていただいている、新潟県は燕市の玉川堂さんより、第2弾のカップが到着。
数十名のお客さまの率直なご意見ご感想を元に、更なる試作をお願いすることに。
最後の写真2枚は、特別に作っていただいた名刺入れ。もちろん鎚起銅器。お気に入りです。
ここヒトツキのお気に入り

The Mods編


前半3枚の写真の一枚目は、2008年12月17日・渋谷C.C.Lemonホールでのステージが収録されたDVD。いつものライヴとは違う、イレギュラーなアコースティックのツアー模様がバッチリ。博多でのライヴもエクセレントでした。
そして2枚目は「Gang Rocker…If」1983年に出た、3曲のみの新曲とライヴ音源で作られたミニアルバム「Gang Rocker」がもしフルアルバムであったなら…。26年の歳月を経て生み出された【衝撃の結末】!
3枚目は前作「MOONSHINER」の中の楽曲「SHITSVILLE」が映画「クローズZEROⅡ」の劇中歌に。のお知らせ。
後半3枚は最新MODSグッズでございます。

靴 編


最近購入の3種。
すべて別々のお店にて。

コミック編


お気に入りの新作は他にも数冊あるのですが、「遂にここまで来たか!」な3冊をセレクト。
『ドロヘドロ』13巻
<林田球/小学館/857円+税>
『竹光侍』6巻
<松本大洋・永福一成/小学館/857円+税>
『天上天下(てんじょうてんげ)』
20巻
<大暮忰維人/集英社/514円+税>

音・プライベート編


椎名林檎の新作と、もとサンハウスのヴォーカルであった柴山俊之氏のバンド"Ruby"の過去のライヴ盤2枚。
三文ゴシップ/椎名林檎
Radio-Active
Absolutely Live 1991.12.19 渋谷ON AIR EAST/Ruby
Fall-Out
Midnight Sunshine Live
1999.09.13 大分KUNIMI/Ruby
今月のお土産コーナー

「いつも有難うございます!」

左より、マチエピ(株)文榮出版さま)、スパージャンプNO.11特大号(株)集英社さま)、たこ焼きにしか見えないシュークリーム(中野氏)。 自家製新玉葱(筌口清美氏)、花畑牧場生キャラメル宮崎マンゴーといちご、謎の柑橘類(てげ紫)。 ラフロイグ梅酒(小笠原透氏)、ブラック&デッカーのダストバスター、うまか棒沢山(清水継介氏)。 桃園の唐揚げ(G氏)、アンブレ(オーリックさま)、グレンモーレンジ オリジナル100ml(ヴーヴ.クリコ.ジャパン(株さま)。 翁軒の不老餅(松井義昌氏)、ロボット(てげ紫)、アルマーニのネクタイ(里村弘子氏)。 花<特大>、かしわめし(花山房枝氏)、仙台工場樽出し51度ウイスキー(小笠原透氏)。 パフュームオイルランプ、アルバム(松井妙子氏)、31アイスクリーム(RIKA)。 リレ・ブラン(千田博文氏)、フレシネ.コルドン.ネグロ、わさびひじき(柳原光代氏)。 フォトスタンド(クマッシモ)、ダイエットビスケット(大友悟氏)、ダンヒルの靴下(やーまん!)。 携帯スタンド(タカシ二等兵)、キットカット クッキープラス全粒粉、ロッテパイの実 塩バニラアイス(ゆうこ氏)。 エディフィスのシャツ(m氏)、「河は眠らない 開高健」(有吉孝氏)、ufuの焼き菓子(渡辺弓子氏、筌口清美氏)。 高玉のあなご寿司、同バッテラ(織田信弥氏)、福大水泳部創部75周年記念スイミングキャップ(福岡大学水泳部さま)。 唐黍、メロン、日向夏(日髙壽々代氏)。 究極の眠れるCD(下川恵子氏)、神様の贈りもの うこん(吉田忠士氏)、鈴鹿茶の春風(山本浩介氏)。 ボンサンクのケーキ(吉良山氏)、アードベッグ テイスティンググラス(興梠光洋氏)、オールドサウンドキーチェーン(鉄板焼さざんかさま)。 プティーゴーフル(井上しのぶ氏)、ウイスキーマガジン ジャパン2009サマー(橋口千枝氏)、NBA80周年ピンバッヂ&ストラップ(m氏)。 bar higuchi新聞記事額装(アサヒビール(株)さま)、エトワール.ドールの焼き菓子(井原隆博氏)。