>

Photo Gallery


Tabiシリーズ 02

「Tabi-熊本へ」

2007年3月4日(日)、私達BarHiguchiスタッフとトルマルキオンのメンバーを含めたお店のお客様34名は、熊本へと旅立ちました。目的地はサントリー九州熊本工場。バス1台を貸し切りにし、午後1:15に天神・日本銀行前に集合、1:30出発!

今回のメインは、巷で好評の「サントリープレミアムモルツ」のすべてを味わい尽くすこと。しかしそれだけでは普通すぎる(?)ということで行きのバスの中では「白州(はくしゅう)」特集。まずは白州12年をサントリープレミアムソーダでハイボール。揺れるバスの中で懸命のハイボール作りを敢行。おかわりも次々に行き交う中、新発売となるボウモア15年や白州18年はストレートで投入されます。

そんな中、増本真理さん(青木さやか似)が準備していただいたおつまみは莫大な量と数で、果たしてこんなに消費できるのであろうかといった様だったのですが、その中に仕込んであった「羊羹」が物議を醸し、帰りのバスで帰ってくるまで賛否両論でございました。

そうこうする内に御船(みふね)インターを降り、5分程で到着。



サントリー九州熊本工場

熊本県上益城郡(かみましきぐん)嘉島町大字北甘木字八幡水478

ご案内係 096-237-3860 (9:30~17:00)

http://suntory.jp/FACTORYI



3:00 工場着 工場見学・セミナー

5:00 工場内にある地ビールレストランにて宴会

6:40 熊本工場出発

8:15 到着・解散

といったスケジュール。

以下写真にてご説明。
出発前
バスツアー集合地のメッカ
日銀前。
増本真理氏により
スケジュール等のご説明
発売前のボウモア15年試飲


「揺れるチートス」
喫煙者隔離部屋
真ん中は“説明職人”鈴木氏
見学最初のシーン
まずはビデオによる説明
自然の中の九州熊本工場
原料となる二条大麦せつめい
発酵の模様見学
工場の全体像を
ビール以外の製品も
同工場にて生産
嗅ぐ千田くん
BOSSも精算

環境への取り組み
移動見学最終段階
不安な高口くん
現物1
現物2
セミナールームにてのお勉強
この段階ではとりあえず
ウーロン茶が
分解されたホップ
さいごにお土産でいただいた
プレミアムモルツのグラス
Bar Higuchiからの差し入れ、
サイラーのプレッツェル
ビールにありつく見学者
プロフェッショナル説明人
“鈴木氏”
お酒が好きな方々の笑顔
岩城俊弘氏による
パフォーマンス
真剣に聞き入る
“宝石職人”福田氏
水のソムリエ高橋氏も
興味深く受講中
バーヒグチスタッフも
見学セミナー後は同園内にある
地ビールレストランにて焼き肉
岩城氏大活躍
総勢37名の宴会
レストランから眺める工場の外観
集合写真 樋口撮影
集合写真 椛田“丁稚”
國仁氏撮影
夕闇迫る工場

帰りのバスの中では
“白州18年”がメイン
帰福して中洲へ
田中純二氏、渡辺弓子氏、
中嶋牧美氏とリンドバーグで打ち上げ