Column

Guest Room

葉巻のセレクト


四月~卯月~新しいスタートの季節です。
そこで今回は「新しくお店を出すので葉巻を置きたい」もしくは「今まで置いていなかったけど置いてみたい」などと考えていらっしゃる方々への参考になればと思い、私なりのセレクトの方法をご紹介します。

先ずはセレクトの核となる一本を決めます。
御自身の一番お気に入りの葉巻で構いません。
そこから奇数で種類をプラスさせ、「サイズ」・「強さ」・「ブランド」といったようにバリエーションを増やしていきます。
私のお勧めは「五種類」、「七種類」ですが、今回は「モンテクリストNo.4」を核とした「五種類」の最もベーシックなセレクトをご紹介しましょう。

モンテクリストNo.4を核とした五種類のセレクト


「モンテクリストNo.4」を核としたセレクトは次の通り。
「コイーバシグロⅠ」
「パンチパンチ」
「ロミオ・Y・ジュリエッタ ショート・チャーチル」
「モンテクリストNo.2」
の4本です。

Guest Room

キューバ産シガーのスタンダードセレクトと言えるでしょう。
「モンテクリストNo.4」と「コイーバシグロⅠ」は以前取り上げたので、残りの3本をご紹介します。



パンチ・パンチ」~困ったときはこの1本~


「トータルパッケージ」、この葉巻を私はこう表します。
「表面の美しさ」「巻きの良さ」「燃焼スピード」「香りと味のバランス」すべてにおいて完璧な一本です。
喫煙時間も60分前後なので、ロックスタイルのカクテルやモルトウイスキーを楽しみながら吸うのに最適な一本。



「ロミオ・Y・ジュリエッタ ショート・チャーチル」
~マイ・ベストロブスト~


葉巻を始めた当初からの付き合いで、もちろん今でも大好きなロブストです。
このサイズの葉巻としてはミディアムボディでマイルドな味。着火直後のこのブランドらしい甘い香り…。

初めての方でも安心してお勧めできる一本。

「モンテクリストNo.2」~キング・オブ・ハバノス~


初めての方はこの葉巻の迫力に圧倒されるかもしれません。
「格好をつける」のには最高の一本ですが、着火直後この葉巻が持つパワーに再び圧倒されます。
重厚で深い香りです。後半になるとエスプレッソにビターチョコを少し加えた「モンテクリスト」らしい甘さを抑えた味と香りが。NBAのレジェンド“マイケル・ジョーダン”が魅了された葉巻でもあります。

初心者向けとはいえない一本ですが、是非とも一度は試していただきたい一本です。