Column

Guest Room
「葉巻を楽しむ為の道具と使い方」
葉巻を楽しむ為の道具と使い方をご紹介します。

まず、葉巻のヘッドをカットして
吸い口を開けるための≪シガーカッター≫について

『シガーシザー』。


これは、ヘッドをカットする為の文字通りのハサミで、葉巻の形に合わせて刃の部分がカーブしています。慣れるとこれが一番使いやすいのですが、初めての方には使いづらいかも知れません。

『パンチカッター』。


これはヘッドの中央に7mm位の丸い穴を開ける為のものです。一回の吸い込みで口の中に入って来る煙の量が少ないので吸いやすく感じる半面、喫煙終盤にその7mmの穴にニコチン独特の苦みや辛味が集約されると言う欠点があります。

『ギロチンカッター』。


これはグリップの中央に2枚又は1枚の刃がついた穴の開いた道具で、ヘッドに対して並行にカットするため煙の量は多いですが、その分香りと味がゆっくり広がるので初めての方にはお勧めします。 その他に『V字カッター』『シガースピアー』等がありますが、あまり一般的ではありません。

≪カット方法≫


ここでは一般的な『ギロチンカッター』でのカット方法を紹介します。
葉巻のヘッドの先端から2mm~3mmの位置でヘッドに対して並行にカットします。初めのうちは少々しづらいかもしれませんが慣れると案外簡単です。『ギロチンカッター』を購入する際は、背面を飾り板で防いであるものであれば、そのまま差し込むだけで丁度良い深さで並行にカット出来るので、もし最初に≪シガーカッター≫を購入するのであれば、こちらがお勧めです。

Guest Room

次に、着火道具と着荷の仕方について
着火道具は、一般的に3種類です。

『ガスライター』『葉巻用の軸の長いマッチ』、そして『シダー片』。


葉巻のマニュアル本で『オイルライター』はオイルのニオイが移るので良くないと書いてありますが、実際に試してみると、そんなに大きな影響はないと感じるかもしれません。
現在のBARでの主流は小型の『ガスバーナー』で一気に着火する方法ですが、今回はオーソドックスな2回に分けて着火する方法を紹介しましょう。

Guest Room

ガスライターでもマッチでも基本は同じです。まずフットが黒くなるまでまんべんなく火をまわし、次にフットの1/3~1/2が白く炭化するように着火します。セミナーやマニュアル本では、火元に対して45度の角度で葉巻を回しながら着火する様に教える様ですが、なかなか難しいので角度は気にせず、むしろ火元を回す方がやりやすいと思います。要はフットにまんべんなく火が付けば良い訳です。

≪葉巻用の灰皿≫


ご家庭で葉巻を楽しむ時、葉巻用の灰皿もありますが、別に専用を使う必要はありません。
ただ、受け皿が大きく安定した灰皿を使うとゆっくり楽しめます。

≪ご家庭での葉巻の管理方法について≫


葉巻の保存に最適な状態は温度がだいたい18℃前後、湿度が75%前後ですが、それを常に維持するのはなかなか難しいものです。もっとも簡単な保存方法は密閉できる容器に、市販されている調湿剤を入れて冷暗所に置いておくこと。3ヶ月位は、葉巻を最適な状態で保存できます。

Guest Room

                                吉村 努